まなパールドリンク第7弾〜いちごの季節〜



春ですねぇ。筍ごはん。いちご大福。いかなご。菜の花のお浸し。

あぁ、大好きな季節がやってきた。まなぱーるです。

image1-1

(こないだから黒っぽい髪色になってます!:タツパール注)

今回で第7段目となるプレゼンツドリンク

最近時間が経つのが早すぎて
びっくらこんぶです。

色黒異国ボーイのどいパールに
まなさんいつも焦るんだったら
もう前の時期から考え始めたらいいじゃないですか?と明確なアドバイス。

ごもっともです!

でもそれができないのが直感型の人間。

ごめんなさい!!笑

ってことで

メインの食材選び今回も迷いに迷いました。

桜は前使ったし。。

その他も
春メニューに使われる予定のものだし。。

となると。。

私の使いたくないランキング1位の

食材が頭をよぎります。

つぶつぶの赤い子。

苺。
image2

苺って正直そのまま食べるのが1番美味しい!
(冒頭で、いちご大福って書いてたやん!:タツパール注)

そう思っちゃうのは私だけでしょうか??

加工したとしててもジャムとかケーキにする。

それも、もちろん好きだし美味しいです。

でもドリンクにするとなると、、

生クリームやホワイトチョコ?ベリーサイダーみたいな、なんか飲んだことのある味のドリンク。 うーん、何か違う!って思っちゃうんです。

だから今まで避けて来ました。

でも今回は逃げないぞ!ってことで

やるのなら、苺の美味しいが活かせるドリンク。

ってことで、
AとBの2種類のシロップを作ってみました。
今回はいつもカレーやスープにしか使わなかったあのスパイスも加えて。

その次の問題は何でこのシロップを割るのか。

ソーダ?
ヨーグルト?
豆乳?牛乳??

散々迷った結果、紅茶に決定!

たつさんなつさんに試飲してもらいました。

いつもこの瞬間はドキドキです。

紅茶も何を使うかで変化するので
ケシパールのメニューブックにもある

アッサム
セイロン
アールグレイで試飲。

6パターンできました。

実験みたいな風景
image1-2

(俺、でかくね?:タツパール注)
ひとつひとつ全く違った味になるのが
面白くもあり、奥深いです。。

結果アッサムのシロップAがよいと3人とも意見が一致しました。

いつも厳しい意見をあえてくれる
たつさんが、『このドリンクには、夕暮れソーダを持ってきたときぐらいの驚きがある。
よいね!』って褒めてくれて、心の底から嬉しくて、色んなものをこれからも形にしていきたいと思いました。

そうして生まれたのが
まなぱーるプレゼンツ2回目となる春ドリンク

「苺と赤すぐりのティーサングリア風」です。


白ワインでコンポートした果実の甘みとスパイスの風味が溶け出したシロップ、上質なアッサムが合わさり絶妙なバランスに。
いつもの私らしいに、少し大人を足した特別な春ドリンクができあがりました。

今回もプレゼンツドリンクを通じで何か心に届くものがあればなあ、と思います。

image2-1

(これは、あれです。だまし絵です。錯視を利用したやつ、だよね?
あと、ひよこかわいそう!:タツパール注)





お疲れさまです!まなパール!
あの辛口タツパールも絶賛、ティーサングリア。
ケシパールのドリンクは意外とたくさんありますが、どれも「美味しい!」と思えるものしかメニューに並びません。
今回に限らず、これまでのまなパールドリンクも、美味しいと思えるようになるまで試作と改良を重ねております。

今回は、
「おいしそう」→「おいし-!」ではなく、
「何だろうこれは…」→「何だこれ!うま!」となる、良い意味でびっくらこんぶ(?)なこのドリンク。

ぜひお試しくださいませ!

 

コメント