ケシパールに浮かぶ月


こんにちは。
タツパールです。
最近、ブログが更新できなくてすみません。
春休みシーズンで、
平日もたくさんご来店頂いて下さっていて、
ブログに手が回らないというのが本音です。
ありがたいことです。
昨日、今日とお休みですが
ナツパールはケーキの仕込みに必死。
そんなナツパールを尻目に
まずは臨時休業のお知らせです。
来週25日(火)を臨時休業とさせていただきます。
営業が不規則になり、ご迷惑をおかけします。
ご来店の際は、HPをチェックして頂けるとありがたいです。
さてさて、
内装関係でちょっとした進展があったので、
早速ご紹介。

ソファ席の間に鎮座するパーテーション代わりの棚。
そこにずーっと飾ってあったヴィンテージデスクランプ。

これは40年代のアメリカのEAGLE社のもの。
ミルクガラスのタイプは少々珍しいらしいです。

「アンティークだろうが何だろうが、
道具はそれを使用しているときが一番輝く…」
照明なので輝くのは当然。
えーと、いや、
言いたいことはそんなことじゃなくて、
でも、いい言葉が浮かびませんので諦めます。
そんなポリシーというには薄っぺらい想いを
ずっと悶々と抱えておりまして。
とにもかくにも、
使わなかったのには訳がありまして…。
電源がいい位置に取れなかったんですね。
でも、
先日、食器棚の照明をこしらえるときに
照明用の電源を、それとなくいい位置に用意してたのが良かった。

この裏に電源。
ケシパールの照明は電圧落としているので、
コンセントから取れないんです。
がんばった、自分!
ありがとう、自分!
褒めてくれるのは自分だけ!
だから自分で褒める!
そんなこんなで、
意外とめんどくさかった延長コードの配線。
棚と一緒の色
(但し、ケシパール照明下に於いて)
のパーツをこさえて、
床板の裏面に溝を掘って、
なんとか出来ましたー。

コードと、コード隠しと、私。
(一眼レフは万物をオシャレに見せてくれる。)
では、点灯。

暗い店内に浮かぶ静かな月のような。
夜は、なお一層キレイなことでしょう。
モームの名作小説、
月と六ペンス。
月は「夢」
六ペンスは「現実」
ケシパールももうすぐ3周年。
そろそろ現実を見て、
僕ら自身の人生を歩んでいかなきゃと思うこの頃。

かっこ良く締めた風ですが、
月と六ペンス、読んだことないです(てへぺろ)

コメント